鮮血のベルニエ

グラナド エスパダ

鮮血のベルニエ グラナド エスパダ Episode:2

STORY

そして、賽は投げられた ―

イリシアの剣"の活躍によって、タロス破壊作戦は成功を収め、エヴォラとパトリキオンの葛藤は解決したかのように見えた。 しかし、違和感を拭えないレオナは諜報員を通じ、 タロスを支配していた「黒い魂」の正体を探りはじめる。 その最中、旧軍閥パトリキオンの司令官であるベデル公爵が かつてベルニエ公爵が住んでいた邸宅の撤去を宣言 ― ベデル公爵の思惑を止めるため旧ベルニエ邸宅へ赴こうとした矢先・・・ リンの姉であり、新軍閥エヴォラの司令官であるディートリッヒ・ヘルベルトが、 パトリキオンの一小隊とともに行方不明になったという情報が入る。 ベデル大平原の先  ― 懐かしきベルニエ邸宅の庭園にたどり着いたレオナと開拓家門は、 かつての美しさが失われ荒れ果てた庭先と、 あちこちに倒れているパトリキオン兵の姿を目撃する。 そしてその中心には、己の全身を赤に染め荒い息づかいのまま こちらを見据えるディートリッヒが立っていた・・・ 「状況はよくないな。ヴァンガード一小隊が壊滅してしまった。」 「私は汚名を着たまま死ぬつもりはない。 ・・・それに我が祖国の遺産を踏みにじった者たちは決して許さない。」 STORY

NEW CAHRACTER

  • character

    ディートリッヒ ヘルベルト

    「指導者の血は青くあるべきです。マキアもそう言っていた。」 イノリー王室を代々守護してきた騎士家門「ヘルベルト」の長女であり、 祖国に忠誠を誓った現在の「ロイヤルガーディアン」近衛隊長。 幼い頃からヘルベルトの名を継ぐ継承者として厳しい訓練と教育を受けて育ち、 ロイヤルガーディアンに最年少で配属されるなどの輝かしい経歴から 文武を兼ね備えた最高の騎士としてイノリー全土にその名を轟かせる。 剛直で融通が利かない妹リンとは対照的に世間の流れを読むことや 人を扱うことに長けていて、イノリー新軍閥勢力「エヴォラ」の司令塔として 大勢の軍人達の信頼と期待を受けている。 ― 君主は大義のためならば手段を選ぶべきではない ― とする、過去の執政官マキアの理念に傾倒しており、保守派の旧軍閥である 「パトリキオン」の司令官、モンブラントとの対立は10年以上に渡る。 「どういうことだ、近衛隊長?  執政官からはイリシアに入るよう命じられたはず・・・」 「ヘルベルトの騎士団を連れてベデルを陥落させる。」 「姉さん、正気なの?彼らを反逆者にするつもり?」 ディートリッヒ ヘルベルト

  • stance

    フレテンシス

    皇室を守護するヘルベルト家の継承者にのみ伝われる剣術その剣技はまるで舞を踊っているように見えるという。

NEW FIELD

旧ベルニエ邸宅 - イノリー名門貴族ベルニエ公爵が住んでいた屋敷

イノリー名門貴族ベルニエ公爵が住んでいた屋敷 イノリー史上最悪の内戦となった「血のベルニエ事件」によって、 わずか一夜にして彼らの歴史は閉ざされた… 以降、屋敷に近寄る者はおらず、美しく咲き誇っていた薔薇も いつしかその美しさを無くしていた。 そして残されたのは、広大な廃墟と その廃墟を忌まわしい記憶もろとも覆い隠そうとする 奇形な薔薇の蔓のみであった。

NEW ARTIFACT

タロスシリーズ -

タロスの強靭さ
近接キャラクターの威力を上げる。
タロスの洞察力
射撃キャラクターの威力を上げる。
タロスの権能
魔法キャラクターの能力を上げる。

ハンゲームは Microsoft Windows および Internet Explorer 9 / 10 / 11 でご利用ください

© NHN hangame Corp.